万田酵素とファスティング、ダイエットの話

Fermented food

 

 

最近、よく聞かれることがあります。
それは、「万田酵素をファスティングに使えますか?」という質問です。
結論から言いますと、効果的にお使いいただけると思います。

ですが、最近問い合わせが多くなるにつれて、ファスティングを本来の意味で効果的に行うには、「酵素」や「発酵食品」について正しく理解する必要があると感じています。今日はそのお話をします。

酵素ドリンクを使ったファスティングはとても流行っていますね。
そもそもなぜ酵素ドリンクをファスティングに使うのでしょうか?
私の理解では、2つのポイントがあると思っています。

1つ目は、みなさんが大好きな「酵素」の作用です。
ただし、まず皆さんにご理解いただきたいのは、「(多くの)酵素ドリンク」も「万田酵素」もたくさんの酵素を体に取り入れる目的のものではなくて、「酵素の働きによって作られた発酵食品」だということです。「酵素」という名前がついているので誤解されやすいのですが、万田酵素は本来、「酵素」の固まりなどではなくて、発酵食品です。

ただし、もちろん発酵食品にも酵素が含まれています。

酵素には、3つの種類があります。「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」です。
「消化酵素」は、食べたものを体の中で消化するために働きます。「代謝酵素」は、消化酵素の作用で得たエネルギーを体内で働かせ、老廃物の排出や細胞の新陳代謝、免疫力の向上などに働きます。この2つの酵素は密接に関係しており、暴飲暴食などで消化酵素が大量に消費されると、代謝酵素が少なくなってしまいます。結果、老化が進んだり免疫力が低下したりして身体が弱くなってしまいます。
しかも、これらの酵素は体内で作られるもので外から摂ることはできません。言い換えると、体内で生産される酵素の量は決まっており、さらにいうと年齢と共に少なくなっていくと言われています。

しかし、人間は3つ目の酵素である「食物酵素」を食べ物から摂ることで消化酵素を節約して代謝酵素の働きを助けることができます。
つまり、食べ物から酵素を摂ることで、体内全体の酵素量を増やし、代謝を促進することができるのです。万田酵素をはじめとする発酵食品には、この食物酵素が含まれています。

これが、発酵食品を摂ることがファスティング本来の目的である「体をリフレッシュする」ことにつながる1つ目のポイントです。

2つ目のポイントは、発酵食品に多く含まれる栄養素です。発酵食品にはもともとの材料(納豆であれば大豆)がもっていたビタミンや体内酵素の活性を高める生理活性物質が(発酵の際の)酵素の働きによって何倍にも増え、凝縮されて含まれています。
これらを体内に取り込むことで、代謝を活性化し身体をリフレッシュすることにつながると考えています。
万田酵素は乳酸や酢酸などを作り、腸内環境を整える善玉菌を増やす作用のある「プレバイオティクス」を多く含んでいます。善玉菌が食物繊維をエサにして生成する脂肪酸はダイエット効果があると言われています。

つまり、「究極の自然食品」と言われる発酵食品を摂ることは、ファスティングの目的である「体のリフレッシュ」やダイエットにもつながると考えられるのです。

これら2つの理由から、万田酵素などの発酵食品がファスティングやダイエットに用いられているのは理にかなっていると言えるでしょう。

最後に、植物性発酵エキス商品の選び方のポイントを2つ挙げておきます。
それは、「原材料」と「熱」です。
万田酵素は50種類以上の生の野菜や果物、穀物、海藻類などを種や皮ごと発酵・熟成して作られています。それゆえ、原材料にはそれらの植物の名前がすべて書かれています。このことは自社で発酵させて製造する高度な技術を持っている証拠です。

また、発酵食品に含まれる菌や酵素は熱に弱いので、ドリンクタイプなど製造過程で加熱したものよりも、ペーストタイプなど非加熱のものの方が効果は高いと考えられます(ただし加熱して壊れても善玉菌のエサになるとは言われています)。

自分に合った「発酵食品」を選んで、効果的にファスティングやダイエットに活かしてください。